キャッシングの支払いを滞納したらどうなる?

キャッシングの支払いを滞納したらどうなる?

キャッシングの支払いは毎月1回ありますが、余裕が無くて支払いに困ってしまうこともあるかもしれません。ただ、キャッシングはお金を借りるという信用が重要となるサービスですので、電気代のように何日かしてからハガキで払えばよいというわけには行きません。キャッシングの支払いを放置するとどうなるのか、知っておきましょう。

■キャッシングの支払いに遅れるとどうなる?
キャッシングの返済は必ず月1回の返済日が決められて、その日に1ヶ月分の利息の支払いと元金の返済を同時に行います。この返済日にまでに支払いをせずに放置すると、まずはキャッシング会社の担当者から電話で連絡が来ることになります。

何日放置すると連絡が入るかはキャッシング会社によって変わりますが、携帯電話への連絡は支払い日の翌日には来ることも多いようです。さらに1週間など放置期間が長くなると連絡の頻度も上がってきて、自宅に督促のハガキも届くようになります。さらにキャッシングの限度枠が残っていても追加で借り入れができなくなるような場合もありますので注意しましょう。

■さらに長期間放置すると?
さらに長期間放置すると、キャッシング会社も、貸したお金を回収するために本格的に動き出すことになります。携帯電話のみではなく自宅宛に何度も電話をしてきたり、さらにはキャッシング会社の社員が自宅を訪問したりすることもあります。

法改正によって、今は自宅の訪問はできないのではという勘違いもあるようですが、時間を守って適切な方法ならば問題なく自宅訪問することは可能です。それでも解決しない場合は、給料の差し押さえなど法的な手続きに入ることになります。

■信用情報に記録されるのはどんなとき?
このように支払日になっても返済をせず、そのまま滞納すると様々な方法で回収しようと動きますが、信用情報機関にはすぐに記録されるわけではありません。滞納が長期的になって、3ヶ月以上となると、信用情報機関にその記録が残ってしまいます。長期滞納の記録が残ると、将来別のローンを組むときに審査に通らなくなってしまいますので要注意です。

↑ PAGE TOP